TYDE Studio Inc.(コンテンツ製作)

アメリカ市場での飛躍に繋がる最新のマーケティング。

 
Screen Shot 2019-09-05 at 10.19.51 PM.png
tyde_logo_2019.png
 

TYDE Studio Inc.

タイド・スタジオ・インク

2017年設立
代表: 坪内 拓哉

New York オフィス:
33 Nassau Ave, Brooklyn, NY 11222
T: +1 646-873-6333
E: hello@tydestudio.com

Massachusetts スタジオ/倉庫:
75 Green St, Clinton, MA 01510


最重要となる「ローカライズ(ローカル化)」

 日本企業が海外進出する際の大きな障害の一つとなるのが、商品・サービス、マーケティングをその地域の文化や好みに合わせる、「ローカライズ(ローカル化)」です。海外進出においてビジネスマインドはグローバライズ(グローバル化)しなくていけないのですが、反対に商品・サービス、マーケティングはその国、地域のライフスタイルに合わせて「ローカライズ」する必要があります。

 実際に、アメリカに「ローカライズ」できずにアメリカ進出し、結果を出せていない日本企業が多いのが現状です。どんなアイディア溢れる商品・サービスでも、日本市場向けのままで売れるほどアメリカ市場は簡単ではありません。アメリカ文化を誰よりも理解しているアメリカ企業も、毎日必死に自社商品を売ろうと努力しています。

 一目見て分かる、デザインのような「見た目」だけでなく、ブランドにまつわる「ストーリー・世界観」など、多岐に渡ってアメリカと日本の消費者では好みが異なります。アメリカ市場では新世代のD2Cブランド(ダイレクト・トゥー・コンシューマー=顧客に直接商品を販売する)が、ターゲット顧客を効果的なデジタルマーケティングで魅惑し、市場を席巻しています。アメリカ市場で成功する為には、日本製品もきちんとターゲットを定め、アメリカ人消費者の琴線に触れるような「魅せ方」をすることが必要不可欠です。日本製品の優れた「品質・アイディア」と、アメリカ式の「魅せ方」を融合させることで、市場での優位性を得ることができるのです。

 アメリカ市場は2020年には消費者層の40%がジェネレーションZ(1996年以降生まれのデジタル世代)となると言われています。TYDEでは、市場トレンドに最も敏感なそのジェネレーションZの新鋭デザイナー陣と組み、アメリカ市場での飛躍に繋がる最新の「魅せ方」、そしてブランドの正しい「ローカライズ」サービスを専門にしています。


TYDEの提供するサービス

 TYDEではB2B、D2C双方の効果的なマーケティングに欠かせない、トレンドにあったコンテンツの製作・管理・運営に特化していますが、それに携わるマーケティング活動、プロモーション企画(ポップアップストアなど)、展示会サポートなどの各サービスもご用意しています。

<コンテンツ例>
ブランドコンセプト(ターゲットに合わせたストーリー、ロゴ、フォント、イメージカラー)
ウェブサイト
オンラインショップ
商品・パッケージデザイン
コンセプト写真、プロダクト写真
クラウドファンディング企画
SNS用写真・動画・文章
広告用写真・動画・文章
フライヤー(デザイン、文章)
ニュースレター、英語ブログ

 展示会出展をお考えのクライアントには、適切な展示会の選別から、良いロケーションを獲得するための出展者との交渉、アメリカ進出におけるブランディング、ブースデザインの考案、ブース施工・搬入搬出・サンプルの手配、英語での営業文言の準備、アメリカ人セールススタッフの手配・教育、当日の販売サポート、事前のマーケット・リサーチまで、アメリカ展示会での成功に欠かせないポイントを確実にサポートします。また、アメリカ展示会視察の出張サポートも行っています。

 デザイン製品やステーショナリーを取扱う企業様へは、アメリカ進出の最大の障壁となる展示会出展の多大な費用を何分の一に抑えながら、継続的にアメリカのバイヤーにアプローチすることができる年間出展パッケージもご用意しています。

 最新のトレンド、マーケット情報、アメリカ企業とのビジネス経験、アメリカ向け製造の経験、各分野のプロフェッショナルとのコネクションなど、全てのリソースを活かし、アメリカ市場での成功のお手伝いをさせて頂きます。

hello@tydestudio.comまでお気軽にお問い合わせください。